恋と嘘が正統派キャラクター上ツンデレお子さん参加で熱い

どこから見てもこみっく☆すたじおは、某戯画創造マイルドを様子させて貰えるね。しかも制服の可愛い婦人が机の上に乗っている現行にぺたりと座り込んだりして、はなはだあざといですが、簡単に乗せられてしまいましたよ。こみっく☆すたじおはサクッとサイトをめくってみると、そこにはネコミミぽい何かを積載したお嬢さんがいました。無理矢理にも萌えさせようという真意が見えますが、コイツに逆らう事は出来ませんでした。戯画我が家にかけてある相原実という二十年のパパが編集部に携行をするために移動する所から、こういうこみっく☆すたじおは始まっていますが、さっきのネコミミお子さんと違い、じっとりリアリティがありますね。主人は萌え戯画を描きたいのではなくて、誠に格闘戯画を描きたいみたいです。それでも、萌えつながり戯画の編集部に持ち込んでいるので、思う存分萌え戯画持ってこいって怒られている。おそらく、当たり前ですが、特にネコミミとかツンデレとか次女とか描いてこいって、強面のオヤジがいうとか笑えました。相原実が憧れていらっしゃる格闘つながりミュージシャンも萌え性分を投入したおかげでアンケート1そばになったとか言うから、かなり世の中間違えてますね。けれども、主人は憧れのミュージシャン宅で住み込みの補佐をする事柄となるのです。行き先へ到着するって、そこには木から下りられなくなったちっちゃな婦人がいたりして原因がわかりません。しかも、恋人が格闘つながり戯画のライター張本人というからスゴすぎだ。再び戦場仕様がネコミミyesとか、完全に憧れすぎですが、美しいから許せちゃいる。こういう高倉健二というペンネームのミュージシャンは、見せかけが妻中学校みたいですが、まさかの大人だからびっくりですね。またしゃべり方とかも、下手したら小学校みたいだし、更に最高です。ついでにラッキーな萌え現象も乱発で、大まか予定通りという感じですね。

邪魔にならずこっそり仕事する男ムジカ